短命だった市の名前、消えた市の名前についてその事情や背景を考察するサイトです。

  • 短期間の市の名前を経て、どうなった?
    • 青森県大湊田名部市(現・むつ市) 存続期間11ヶ月
    • 徳島県鳴南市(現・鳴門市) 存続期間2ヶ月
    • 千葉県東葛市(現・柏市) 存続期間2ヶ月半
    • 大阪府狭山市(現・大阪狭山市) 存続期間1日
    • 京都府田辺市(現・京田辺市) 存続期間1日
    • 南大阪市(現・羽曳野市) 存続期間1日
    • なぜ短期間で名前が変わった?
  • その他いろいろあります、消えた市の名
    • 理由は様々 平成の大合併による、幻の市の名前
    • 名物祭りを冠した「はながさ市」(山形県)
    • 住民アンケートで… 「宮古市」(沖縄県)
    • カタカナへの抵抗「中央アルプス市」(長野県)
    • あまりに大きすぎる名前「太平洋市」(千葉県)
    • 世界遺産のアピールも 「石見銀山市」(島根県)
    • 再検討で、最長の名前に 「れいめい市」(鹿児島県)

短命だった市の名前、消えた市の名前

日本にはさまざまな地域がありますが、その中には、数ヶ月でなくなってしまった地域や、地名が変わってしまった地域があります。近くに住んでいないことにはなかなか耳にすることはありませんが、こういった地域に住んでいた人々は一体どうなるのでしょうか?また、新しい街づくりの方法やその計画とは?ここでは、“短命だった市”と“消えてしまった市”の中からいくつかピックアップし紹介したいと思います。紹介する地域は、青森県・大湊田名部市、徳島県・鳴南市、千葉県・東葛市、大阪府・狭山市、京都府・田辺市、南大阪市の6つの地域。これらの地域は、市の名前がまったく変わってしまったところもあれば、簡略されたところがあり、千葉県の東葛市については現在「柏市」となります。柏市は、ご存知の方も多いのではないでしょうか?大阪や京都は、“府”と“京”がなくなり「大阪狭山市」「京田辺市」になっていますね。それぞれ存続期間はさまざまで、約1年持ったところもあれば、大阪や京都なんかはたった1日しか市の名前が持たなかったそうです。

このように、日本には1日で消えてしまう市や、名前が変えられてしまった市がいくつもあります。もしかしたら、あなたの住んでいる街も、改名後かもしれませんよ…?

短命だった市の名前、消えた市の名前

短期間の市の名前を経て、どうなった?

すぐに消えてしまった市名がその後どうなったのかを追跡します。

その他いろいろあります、消えた市の名

様々な理由で消えた市名を紹介します。

Copyright(C) 2011 - 短命だった市の名前、消えた市の名前 - All Rights Reserved.